新聞折込チラシ広告のオーリッチ|新規開業,店舗販促,オープン,イベント等の新聞折込チラシを手配します

点から広げる、コミュニケーション。

  •  

印刷枚数・用紙の前に、拠点となるエリアから。

新規開業時や店舗販促・イベント等の広告媒体として、真っ先に考えるのがチラシの配布ではないかと思います。中でも広範囲に渡ってマス的にチラシを配布する際には、新聞折込チラシを考えるのではないでしょうか。しかし、「チラシの印刷枚数は?用紙は?」と突然聞かれても、どうすればいいかわからない・・・。
新聞折込チラシは、拠点となる会社・店舗・会場等のエリア選定から検討していくのが自然な流れになります。

周辺にどのくらいの部数があるかを知る

新聞配布には都道府県・市区郡はもちろんのこと、各新聞社各販売店ごとに「取扱部数」があります。これは、新聞販売店がそれぞれ管轄するエリアで新聞を配達する世帯数のことですが、これがすなわち、折込チラシの枚数になります。
当サイトでは市区郡単位で部数をまとめてありますので、自社・店舗の拠点エリア周辺にはどれだけの部数があるのか、メドを立てていただけます。
左の「拠点エリア」メニューから確認してみてください。

コストとのバランスを考える

拠点エリア周辺にどれだけの部数があるかが分かれば、概算の料金が分かります。ここからご予算とのバランスを考え、部数を減らすか増やすか、エリアを広げるか狭めるか、というご検討がいただけると思います。
なお、用紙やサイズに特にこだわりがない場合は、B4またはA4サイズ、コート53kg(紙質)を基準としていいと思います。B4かA4かは、掲載内容のボリュームによって決めるといいでしょう。

最終内容を詰めていく

上記のステップをベースとして、最終的な折込チラシ内容を詰めていきます。チラシサイズや用紙・折込エリアの詳細と料金など、今回の意図に合わせた確認をすすめてまいります。
ご希望内容がございましたらご相談ください。

まずは左の拠点エリアメニューからご検討ください